ADD LIFE

アクセスカウンタ

zoom RSS シーザーV地獄・その2

<<   作成日時 : 2015/05/08 01:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 キャリアをスタートして最初の任地は“The New Governor” (日本語版では新天地) ここでまず、町づくりの基礎をトレーニングします。


画像
 最初は何もないただの原野に、街道が一本通っているだけ。ここに好きなように町を作っていきます。
 時は紀元前340年、最初に与えられる資金は2000デナリウス。もっとも、1デナリウスがどのくらいの価値なのかはよくわからない(笑)
 目標人口は150人。

 ここはまだトレーニングなので、できることも限られてます。画面右側にあるアイコンのうち、白くなっているのがアクティヴなアイコン。まだ4つしか使えません。形でわかるかと思うけど、左上から順番に、『家を建てる』『整地する』『道を作る』で、2段目の波みたいなのが、給水施設を作るアイコンです。



画像
 まずは整地から。大まかにどんな町を作るか決めたら、不要な木を伐採。ただし必要最小限にしましょう。整地もタダじゃないんだから。
 ここではまだ関係ないけど、後の任地では木を切り出して家具を生産しなければならないこともあります。製材所は木のそばでないと立てられないので、最初に調子に乗りすぎて切らなくてもいい所の木まで切ってしまうと、後で困ることになるかも。
 自然は大切にね
 ちなみに、岩場は整地できないし、水辺を埋め立てたりすることもできません。



 自然を大切に、Save the nature for your unborn child〜 ってことで強引に曲紹介を挟んでみたりする(笑)



画像
 次に道を作りますが、道路特定財源などはないので(笑)これも余分に作らないようにしましょう。それに、道が多すぎると人の流れも複雑になって難しくなるしね。
 今回は街道をそのまま利用してみます。

 次に家を建てます。家を建てるといっても、総督のやることは、宅地を指定するだけ。宅地の指定は道路から2区画以内と限定されています。それ以上離れている所を指定しても、勝手に指定が取り消されて、しかも宅地指定にかかったお金は返ってこないという、ふんだりけったり
 ここではまだ、住宅はあんまりたくさん作る必要はありません。ここはまだトレーニングなので、宅地を山ほど指定しても、ある程度以上は人が来ないようになってます。巨額の税金を投入して宅地を開発しても、大量に売れ残って閑散としている、第三セクターのニュータウンみたいになっちゃうので注意(笑)
 ここでの人口目標は150人なので、このくらいあれば充分。

画像
 水の供給も忘れてはなりません。住宅を発展させる第一の条件は水の供給です。他の条件がどんなに良くても、水がなければ、最下層のテントからいつまでたっても発展できません。
 井戸は水源としては市民にあまり歓迎されないので、井戸の近くの住宅はちょっと魅力が下がります。でもこの町ではまだ井戸しか作れないので致し方ありません。
 井戸は、前後左右2区画づつの区域に水を供給できます。

画像
 宅地を指定すると、移民がやってきて勝手にそこへ住み着き、家を建てます。最初は貧しいテントだけど、条件がよくなれば自動的に発展して、だんだんいい家になっていきます。


画像
 しばらくすると火災が発生します。自警団員が定期的に巡回しない建物は、火事になってしまうのです。ここで自警団詰所(Prefecture)が作れるようになります。さっそく作ってあげましょう。



画像
 自警団詰所は、ないと困るけど、あまり近くにあっても煙たい存在らしく、すぐ隣にあると嫌がられるので、できれば住宅地からは少し離して作ると良いでしょう。
 自警団員はその他にも、犯罪の取締りなどをしてくれます。警察と消防を足したような役目をするんですね。

 赤い旗が立っているのは、自警団詰所にちゃんと職員がいて機能している証拠。機能している詰所からは自警団員が定期的にパトロールに出発して火事を防いでくれるし、もし火事が発生してしまったら消火にあたってくれます。

 オレンジ矢印が、消火に向かう自警団員。


画像
 焼け跡は廃墟になります。こんな所をいつまでも残しておいても周囲に悪影響を与えるだけなので、サッサと整地してしまいましょう。



画像
 またしばらくすると、今度は建物が倒壊します。ドーンと音を立てて、煙と共に崩れ落ちてしまいます。

 ここで建築技師の登場です。技師詰所(Engineer's Post)を作ります。



画像
 ハシゴを持って歩いているのが技師です(水色矢印)。彼らによって定期的に手入れされない建物は倒壊しちゃいます。
 青い旗の立っているのが機能している詰所。

 倒壊した後の廃墟もさっさと整地して、宅地に再指定。


画像
 ここで画面を右上にスクロールします。街道は町の反対側まで通じているのですが、自警団員や技師が町を巡回してくれるようになったら、いらない道はぶった切ってしまいましょう。でないとこのように、人の住んでないところまで巡回してしまうので、すごくムダです。住宅地の端っこ(黄色矢印)の辺りで切ってしまいましょう。そうすれば住宅地内を巡回する頻度も高くなるし。
 街道が切れても、移民や交易のキャラバン(後出)は、道なき道を歩いてやって来てくれるので、心配ご無用。


画像
 技師詰所と同時に、元老院が建てられるようになっています。真ん中あたりにある大きな建物です。建設費用はちょっと値がはるけど、何かと便利なので、なるべく建設の初期段階から建てておくのがいいでしょう。
 何が便利かと言うと、まず徴税官(白矢印)が家々を回って税金を取り立ててくれます。それに現在のレーティングや失業率も一目でわかるようになります。さらに、周囲に大いにいい影響を与えるので、近くの住宅がすごく繁栄します。なるべく町の中心地にしたい所に建てましょう。


画像
 次に神殿。神様を祀らなければなりません。現代のいるかいないかわかんないような神様とは違い、この世界では神様ははっきり存在してます。機嫌がよければ祝福を与え、悪ければ災厄をもたらすので、神殿を建てたり、ここではまだできないけど祭りを催したりして、そのご機嫌を取り結ばないといけません。
 もっともこの神様の影響は、英語版ではオフにすることもできるようです。日本語版では確かできなかったはずだけど…。
 ローマ神話にはたくさんの神様が出てくるけど、このゲームで祀らなければならない神様はセレス、ネプチューン、マーキュリー、マーズ、ビーナスの5柱。


画像
 ここでの達成目標は人口だけなので、メッセージの通りにこの辺までやると、目標の150人に達し、終了となります。
 今まではただの市民(Citizen)でしたが、官吏(Clerk)に出世しました。
 さあ、次の任地へ出発しましょう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シーザーV地獄・その2 ADD LIFE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる